孤独を友に生きる1305

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(31)

「鳥を見に行こうと思わなかったら、ふだんは来ないところなんですけどね」

 その言葉を聞いた時、

「あー、神様が聞いてくれたんだ、助けてくれたんだ」

 と実感するのだ。

 極端な例えではあるが、誰でも大なり小なり、人生の中でこうした絶対的孤独を感じることがある。こうした、絶対的な孤独の中からこそ、本物の神への慕情や思いが生まれ、完成していくのである。


孤独を友に生きること

 だから、神様の道の御用のために生まれてきた人とか、使命のある人というのはどこかで自分が孤独にならざるを得ないような環境が準備されている。特に教祖さんになるような人のためには、神様は世の艱難辛苦をたっぷりと用意して、嫌というほど孤独の中に生きる時を作って下さるようだ。

 聖徳太子があのように深く仏教を修められたのも、蘇我氏と豪族たちとの葛藤の中に我が身を置いていたからだ。その孤独の中にいたからこそ、『世間虚仮唯仏是身(せけんこけゆいぶつぜしん)』、世間は仮で虚しいものだ、ただ仏のみが真実だ、という境地に立つことができたのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード