死にもの狂いの情熱が天に通じる1306

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(32)

 あるいは日蓮は、自らあえて迫害を受けるようなことも言っていたのだが、迫害される中で絶対なる孤独を味わいながら、それでも神仏に祈っていたのだ。

 だからこそ、あれだけの神通力を発揮し、新しい宗教性を確立することができたのである。

 もしも本当の意味で、神様との交流を願う方は、神への慕情、神様を恋しいという気持ちを持ち続けることだ。そしてそのためには、孤独を友とすること、孤独を大切にすることだ。そうした時間と環境と場所を自分で作っていく努力をしないと、神様への思いのボルテージは確実に落ちてしまうことになる。


死にもの狂いの情熱が天に通じる

 豊かで幸せな日々を送っている人というのは、それだけ徳があるのだから、それもいいだろう。しかし、もっともっと成長し、向上したいと願う人は、ある程度はこの絶対的な孤独を経ないと、本物にはならないのだ。

 ノーベル賞を受賞した利根川進教授は「研究は情熱だ」と言っている。

 どんなに頭脳が明晰でも、それだけでは不十分で、ただもうその研究に没頭して、朝から晩まで寝食を忘れて、その研究に情熱を傾け続けなければ、ノーベル賞を取るような発明や発見には到らないということだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード