惟神の道とは124

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(8)

 これを仕事をもった普通の人が実行するとどうなるか。まず、営業マンは全部会社をクビにされるだろう。銀行マンはすべて融資係をクビにされ、受付け窓口に行かざるを得ない。税務署員は、すべての脱税を摘発できなくなり、税の徴収率は極端に落ちて、国家予算の歳入は大幅にダウン。国家財政の危機を迎えることはいうまでもない。若者は、世の中全てが汚濁に染まり、世界中の人は全員悪人であると実感するに違いない。だから、学生は社会に出ることを極端に恐れ、社会に出て悪に染まることを忌避するあまり、留年を続けることとなる。

 また、「八正道」ができていて、世の中で出世をしたり、人から尊敬される立派な活動をしている人はただのひとりもいない。資産家の子供以外は、財運を手にすることはむろん皆無である。若者は、やがてそのことに気がついて、現代で「八正道」を貫くためには、社会で出世をしたり、複雑に揺れ動く人々の心をとらえて大活躍することなどは、不可能なことであることを痛感するのである。むろん、自由主義陣営における積極的な経済活動などは、すべて諦めざるを得ない。商社マンは当然出世できないから会社をやめて、比較的「八正道」が妨げられない喫茶店の経営か、税務署以外の地方公務員の道しか選べなくなる。これが、「八正道」をまじめにめざし、心掛けてきた若者たちとの数多くの出会いによって、私が知り得た事実なのである。

 「八正道」は、一部を除き、日本の若者をだめにする。これが私の結論である。「大和魂」をふるい立たせ、少々の悪など意に介せず、大善をめざして己を磨き、社会に立ち向かっていくという勇気が失せてしまうからだ。もし自分が小悪に染まってしまったとしたら、「みそぎ祓い」をして、ますます大善を行うべく勇気と根性を輝かせよ、というのが「惟神の道」の教えである。「八正道」とは大きく異なっていることがおわかりになるだろう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 営業マン 税務署 八正道

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード