間接守護と直接守護129

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(13)

守護霊のもつ力と働き

 ここで、もう少し詳しく説明してみたい。

 人は一日二十四時間、一年三六五日、片時も離れることなく守護霊に守られているのであるが、その守護の形には間接守護と直接守護とがある。

 間接守護とは、守護霊が霊界から遠望し、様子をじっと見守っておられる状態のことをいう。一方、直接守護とは、直接神がかって霊力を発揮されることをいうのである。

 後者の状態を霊視能力のある者が霊視すると、ちょうど二人羽織の芸をしているのと同じように見える。また、背後霊団がこぞって直接守護しているときには、背後霊が合体ロボのように合体して大きくなり、「アラジンと魔法のランプ」に登場する巨人が、アラジンを腕にかかえて踊っているような感じとなる。

 鍛錬した芸人が舞台に立つと大きく見えるのは、こういう霊的な背景があるからなのだ。

 ところで、守護霊が間接守護を行うか、直接守護を行うかは、その人の置かれた状況による。結論からいえば、その人が悪霊に支配されてひたすら邪悪な思いにひたり、精進、努力、進歩、向上に励もうとしないときには間接守護を行い、悪霊なんかに負けるものかと、自発的に魂が勇猛の気に輝いたときや、困難を承知で立ち向かっていくときには、直接守護をなさるものなのである。

 とはいえ、ふがいない状態に置かれているときや、偶発的な行動のために生命の危機に陥った場合にも、直接守護が為されることがないわけではない。

 なぜなのか。いったい、いかなる理由で、守護霊たちはそういう動き方をするのであろうか。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 守護霊 芸人 霊視

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード