ダヴィンチやミケランジェロも1370

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(96)

 しかし、歴史上神人合一している人というのは何人もいるのだ。弘法大師も伝教大師も神人合一した人である。南北朝においては楠木正成公、戦国時代では上杉謙信公など武将の中にもいる。あるいは、ダヴィンチやミケランジェロもそれなりに神人合一している。それらの人々は皆、人智を遥かに超えた才能を発揮し、有形無形の素晴らしい遺産を世の中に残している。「神人合一」というと抹香臭く聞こえるかもしれないが、宗教家でなくとも神人合一はできるのだ。

 そのように、経済、芸術、宗教などあらゆる分野に渡って、人間の知恵だけではなく、神様と人間が一つになってやって行かなければならない時代がもうすぐやって来る。それは、この地球上に理想の世界『弥勒の世』が実現することであり、私たちは今、その新しい時代を迎えるための過渡期にさしかかるところなのだ。

 これからの世の中がどうなって行くのか、その方向性については、『神霊界』(たちばな出版刊)に詳しく書いたが、ここでもう一度記しておこう。

 新しい時代『弥勒の世』の到来とは、新年を迎えるようなものだと考えたらいい。

 正月とは「正す月」と書く。「正す」という字は「一」で「止まる」と書く。つまり、一番大事なもので止まる、一厘で止まる、ということだ。どこで止まるのか。そこには、「不動の」とか「揺るぎない」とか「善なるもの」という意味が含まれている。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード