「我」と「慢心」と「怠り」1380

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(106)

 素の状態で物事を受け止めていけば「スーッ」と入っていく。すると気分も「スーッ」とする。それが素直ということである。

 それを災いするのが、「我」と「慢心」と「怠り」だ。これが神様が一番嫌いなものであり、本人の御魂を曇らせるものでもある。

 素直になっていくための修業の一つが、禅宗でいう「脚下照顧」というものだ。

 よく玄関口などに「履物をそろえようね」ということで、この言葉が書いてある。足元を照らして顧みようという意味である。即ち、平々凡々とした日常のことをキチンとやる中に全てがあるということだ。

 ある人が逍州禅師(じょうしゅうぜんじ)の門を叩いて、

 「仏法を深く勉強したいと思います。宇宙の真髄を会得したいと考えております。入門させていただけますか」

 とたずねた。そうして、

「ああ、いいよ」

 ということで弟子になった。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード