全ては実践にかかっている1388

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(114)

 本で勉強して大層なことを言えるようになっても、超能力を身につけて未来のことが予言できても、背後霊が見えるようになっても駄目なのだ。神様のお告げで、世の中がどうなるものでもない。全ては、実践にかかっているのである。

 洗い物をしていて急須を割って叱られる。その時、余計なことを考えていた……、それで余計なことを考えながら仕事をしてはいけないということが分かるのだ。そうやって、叱られながら、体得していく。これが全ての修業の基礎なのである。植松先生は「親のしつけ、子どものしつけ」と言うが、私たち当初のお弟子は、そうやって、いつも有形無形のうちに植松先生に育てられてきた。

 そしてやがて、狭い台所でも、ご飯を作りながら、同時に掃除をしながら、片づけ物もしているというようになっていく。ご飯が出来た時には、もうキッチンの拭き掃除も終わっている。流しもピカピカになっている。

「はい」

 と、ご飯を出して、一緒に食べながら、済んだなと思ったらおもむろに片づけだすが、もう最小限しか片づけ物はないので、パッと済ませて、ちゃんと団欒に加わっている。

 ご飯を作ればいいというものではないのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード