憑依の実態…苦しみ続く家系の背後に群れなす大蛇014

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

神界からの神通力(14)

 私は今日まで、数えきれない人々を除霊してきた。水子霊の憑いた人、動物霊の憑いた人、生霊の憑いた人、あるいは動物霊と生霊が合体して憑いた人と、いろいろなケースを見てきたが、その中でも際立って特異なものがあるので、それをご紹介しよう。

 十数年前の夏のことだったと思う。かつて除霊をしてあげた女性が、別の女性を連れてきた。

 「先日は除霊をしていただき、本当にありがとうございました。お陰様で、心身ともにすっかり軽くなり、このとおり元気になりました。ところで今日は、ひとつ先生にお願いがあって参りました。この女性を見ていただきたいのです」

 連れられてきた女性は、見たところ三〇歳を少し出たところであろうか、顔つき、声は普通の人と変わらない。だが私はひと目見るなり、

 「ああ、かわいそうに、たいへんな因縁を背負っている。並の因縁とはわけが違うぞ」と直感した。案の定、彼女は小さい頃から足が不自由で、立ったり座ったりにたいへん難儀しているとのこと。すでに霊障にやられていたのだ。

 早速、除霊を開始した。そのとき、時計の針は午後九時を指していた。私の除霊は、愛念と御神霊とが宿った和歌や長歌を数首、数十首と連続して詠うことにより、憑依霊を悟らせ、浄化し、そして御神霊に許しをいただき、本来居るべき霊界へと送るものだが、このときは、数首も詠わないうちに霊が姿を現した。

 大蛇である。五メートルはあろうかと思われる大蛇である。それも一匹ではなく、十匹ほどの大蛇がからみ合っているのである。

ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久 ブログ

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード