いったん無に返してその後至誠の一点に凝結1400

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(3)

 それは遊び半分にコックリさんをやったら、悪い動物霊を呼び寄せて取り憑かれてしまうのと同じ道理だ。

 本当の瞑想や座禅が共通して目的とするのは、ただ無であるだけではない。人欲とか、気負いというものを無くした上で、至誠や真心は輝かせている。愛に満ち満ちている。そういう境地に到達することが目的である。そしてそういう時にだけ、悪いものはよりつかず、正神界の神様や守護霊は来るのである。これが原則だ。

 だから、もしも瞑想や座禅によって高級霊との交流をめざしたいのなら、単に無になるだけではダメである。無の自分に返ると同時に、至誠で魂を輝かさなければいけないのだ。

 無にならないと、真心だ愛だといっても、そこにはまだ雑念が入っているし、本人のエゴや欲が入っている。だからいったん、無に返して、その後に至誠の一点に凝結しなければ、正しい神霊との感応はないというのが基本原理となる。

 そういう魂の澄んだ輝きに自信のある人ならまだしも、やたら欲望や雑念が多いままで「無」(心を空にする)を求めたりすると、手痛い目にあうということをくれぐれもよく知っておいていただきたい。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード