目前のことに緊迫して一生懸命なら守護される1404

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(7)

 例えば、高校時代の先生に電話をして会うことにするのもいい。なるべく自分に厳しかった先生のほうがなお良いだろう。

「どうも先生、ご無沙汰しております。○年前にお世話になった○○です。実はお久しぶりにお目にかかりたいのですが……」

「これは珍しいな。元気でやっているの。私のほうは構わないけれど、どんな用事かな?」

 まさか、怨念霊に毎日狙われているとか、浮遊霊が、なんてみっともないから言えない。大体、そんなことを言ったら「この馬鹿者!」とやられる。

 いくら霊にやられて、たらたら汗を流していても、恐い先生に会うと思えば服装もきちんとしなければならないし、先生の子どもにお土産も持参しなければならない。

「会ったらどういうことを話そうか……」

 と必死で考える。

 社会常識から言って、誰でも緊迫する。そうすると憑いていた悪霊は逃げてしまう。

 というのは、何か目前のことに緊迫して一生懸命な時は、守護霊が動くからなのだ。何かに一生懸命取り組んでいるという「有」の状態であれば、守護霊は動いて守ってくれるが、「無」の状態では、守護霊は決して動かない。無の状態で絶えず接触してくる守護霊(?)というのは、決して正しい神霊界から来た存在ではない。ほぼ100%が、守護霊を語る邪霊である。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード