子供が熱で苦しむ時に1409

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(12)

 あまり金縛りのことなど考えないで、仕事や学業に努力していれば、パワーコールがなくても霊のほうから来なくなる。あくまでこれが本筋である。そういう生活を送っていれば、浮遊霊も恐くないし、悪霊が憑くこともない。暇な人に憑くという原則は例外がないのだ。

 こういう質問をしてくる人で忙しくしている人は、ほとんどいないはずだ。


子供が熱で苦しむ時に、親が浮遊霊を気にかけるか?


 こういうケースを考えるとわかりやすい。

 あなたが家庭の主婦、一児の母で、五歳くらいの子供がいるとしよう。あなたの目の前で、子供が病気で発熱して死ぬかどうかという時に、どんなに自分の肩や背中に霊の重さを感じても、子供そっちのけで、

「たたりの霊が、浮遊霊が、地縛霊がどうした……」

 なんて騒ぎはしないだろう。いや、そもそも霊のことなど全く忘れているはずだ。

 自分の子供が死ぬか生きるかという時には、普段は、

「先生、こんな霊が憑いてきまして、おまえは死ぬぞ、なんて言うんですよね」

 と言っているような人でも、そんなことは言わないだろう。必死になって子供の心配をしているはずである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード