素直さが特に大切134

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(18)

 私たちの性格に覆いをかけたり、守護霊や幸福との間を妨げる雲となっている悪霊たちは、具体的にはどのようなものか。

(1)生霊(いきりょう)
(2)水子霊(みずこれい)
(3)家代々にその子孫を呪っている怨念霊
(4)変死、事故死の先祖霊
(5)地獄界から救いを求めて憑いている先祖霊
(6)淋しかったり、苦しかったりするので、救いを求めて憑いている浮遊霊
(7)断末魔の苦しみを何とか救ってほしいので憑いている地獄霊
(8)仲間がほしくて、一緒に死ぬことを促す屋敷霊
(9)粗末にしたり、とり壊したり、しばしば近くに通りかかったりするという理由でとりついたり強烈な仕返しをする稲荷狐(いなりぎつね)
(10)井戸を壊したり、粗末にすることによって水霊(すいれい)が凝結変化し、たたっている水蛇龍(すいだりゅう)。
(11)樹齢が百年以上経っているにもかかわらず、無造作に伐採したことによりたたっている木霊(もくれい)。
(12)ご神木を伐ったり社(やしろ)をとり壊すなど、神仏罰のたたりとして怒っている蛇神(だしん)、龍神、天狗。
(13)無益な殺生を大量にすることにより、呪ってついている鳥、動物、昆虫の霊。
(14)霊能者や過激な宗教団体などにうごめく、教団霊、霊団霊、兇邪鬼(きょうじゃき)、冥邪鬼(めいじゃき)、兇衰鬼(きょうすいき)、狂魔鬼(きょうまき)

 これらの悪霊の影響から逃れるためには、どうすればいいのだろうか。何よりもまず、よき人格だけが本当の自分の人格だと信じることである。マイナスの方向へ引っ張る人格は全部偽りの性格である、と確信することだ。マイナスの低級霊集団によってつくり出された人格だから、こんなのは自分ではないと、自分から決め込むことだ。

 こうして、暗くて重くて退廃的なマイナス人格を、徹底して否定し続けると、自然にプラスの人格が自分の方に引き寄せられてくる。守護神や守護霊、産土の神様などによって背後から押し出されてくる「前向き」で「明るく」て、「芸術的」で、「調和」をもち、「人を許す」というプラスの人格こそが、自分のご本霊が本来願っている人格なのである。この人格のみが自分だと思って確信すればよい。この確信する力が意志の力となり、悪霊を自分で払いのける、自力不動明王の利剣(りけん)となるのである。これが、念と自分を切り離す工夫なのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 悪霊 除霊 生霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード