願い事の内容に応じて神様を使い分ける1417

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(20)

 これがわかると、天照大御神様(伊勢神宮の神様)や、あなたの近くの神社の神様である産土の神様への祈り方もわかってくるだろう。天照大御神様は、日本神界という企業の社長であらせられる。故に、そのお立場とお役割に見合った願い事、すなわち人生の進路を決定するような大事な願いを抱えている時こそ、伊勢に参拝して熱誠祈願を行うべきなのだ。無論、そうでない時や、日頃の無事を感謝したい時に参拝するのも、一向に差し支えない。現実界で、社長と顔見知りであれば取引がスムーズに行くように、神霊界でも伊勢の神様のバックアップをいただいていると、産土神様も活発に動いていただける。

 といってあなたが産土神様に全くご挨拶を欠いていたとしたら、産土神様も働きようがないのだから、是非とも産土神様には頻繁に足を運ぼう。産土神様はあなたの生まれた地域を担当している。その地域を担当する窓口の神様である。だから、その地域で生まれたかあるいは今その地域に暮らす人々の、出産、結婚、死亡、霊界案内など、人生の諸事全般を担当し、導いて下さる神様なのである。

 だから当然、そうした日常の暮らしにおいて節目節目となる事柄に対しての祈りには、産土神様が特に抜群の力で御守護下さるのである。もちろん、あなたの身元保証人役の産土様だから、何をお祈りしても、正しい願いなら守護したり、応援したりして下さるのだ。

 一方、守護霊様は、例えて言えば、個人的な悟りとか一身上のことで動いて下さる存在だ。何でも細かいことをして下さる窓口だ。守護霊と守護神は、一緒にお願いしてもいいだろう。何でも日頃から感謝したり、相談したりと、意識で話しかける習慣があると、その守護は何倍にもなるのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード