霊媒と神人合一とは似て非なるもの1436

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(39)

 一個人として、今世、自分の魂や芸術性の向上や、世の中への貢献がどれだけ出来たかということが、人間がこの世に生まれてきた第一の目的ではないか。それを考えると、霊に使われただけで満足してしまっているというのは、実に愚かな生き方だと言わざるを得ないのである。

 もう一度言うが、霊媒というのは、その人間を霊が操って言わせている(やらせている)だけであり、神人合一にはほど遠い。人間が神のごとくになり、神が人間のごとくに出ているというのが神人合一である。そこには神と人との区別はもはやなくなる。

 霊媒が神人合一ではない理由は簡単だ。神人合一の場合、神霊と自分が一体になりつつも、最終的には、神の応援を得た自分がする。それが霊に使われている霊媒と、神人合一の決定的な違いである。

 だから、現実において出来る限りの努力を続け、あるレベル以上に到達しないと、神様も神がからないで待っておられる。いつも神がかっているということは、神様の目から見て「よし」というまでのこの世的な努力をいつも行っている人である。この状態において、正しくいつも神がかっている。これが高級な神がかりであり、真の神人合一である。低級な神がかりは、霊のほうからやって来て、ああだこうだとすぐに何でも教えたがる。霊が主導権を持っていて、人を使っているだけだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード