聖人・賢人・凡人の違い1447

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(48)

聖人・賢人・凡人の違い

「人知を集むるなかれ」が聖人の境地である。

 偉才、聖人、道はじめの人というのは、皆「人知を集むるなはれ」と言っている。人の頭で考えたものをいろいろ勉強し、頭にいっぱい入れている。その知識で山ほど本を書き、話をする。そんな人知の組み合わせだけの人は、二級賢者でしかないということだ。無論、人知も集めることができない人は、三級賢者か四級賢者ということになる。

 ともあれ、人知を集めただけのレベルでは、賢いことは賢いが二級賢者である。一級賢者、すなわち本当に賢い賢者は、知識でことをなすのではない。

「聖は天を希い、賢は聖を希い、士は賢を希う」

 という言葉が『近思録』にある。

 聖者というものは天を慕い願う。天というものになりたい。天はいかに思っているのか、いつも慕い願っている。そういう人が聖者である。

 次の賢者というものは、孔子のような、素晴らしい聖者を仰ぎ、ああなりたいものよと思う。志は尊いが、しかし人を目標にして頑張っているのが賢者だ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード