か弱く心配なところがあるほうがかわいい1459

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(60)

 一生懸命打ち込むことと、一人で何でもやれるように思うことは別物であると知らなくてはならない。それよりも、どこかか弱く、どこか心配なところを残しているほうが、守護霊様も愛して下さるのだ。

「不撓不屈の精神で頑張っていて、絶対安全だ、あの人は」

 という人は、かえって可哀相である。一人でできるだろうと皆が思うから、誰も守ってくれない。

 私の場合も、修業であまり頑張り過ぎたためか、「先生はほとんど不死身だから」などと言われる。それがときどき病気をすると、

「あっ、先生も、やっぱり……」

 とみんな驚いてくれる。この分では、もしも病院に入った時には、皆相当驚いてお見舞いに来てくれるかなと楽しみにしている。だから最近は、ほんの少し具合が悪くても、お弟子の前ではなるべく大げさに言うことにした。

「足が痛い!」

 とか、たいして痛くなくても騒ぐと、

「大丈夫ですか、大丈夫ですか」

 とお弟子に心配される。何か、にこっと嬉しい。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード