続けなければ意味がない1461

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(62)

 そういう気熱の満ち引きの波を乗り越え、いかに一時集中して燃えたとしても、消耗した時にもう嫌だとか面倒臭いとか湧き出ずる虚無感に負けて、志半ばにして道を失ったら何にもならない。やる気を出したり、またやる気がなくなったりということを繰り返してもよい。そういうものを超えた目、自分を冷静に客観的に見ている目を持ち、セルフコントロールをうまく行うことで、やがて必ず道を成就できる。

 神様事も同じだ。続けなければ意味がないのだから。


その七 ボケるくらいなら何でも頭を使え

 第七の知解低下というのは、頭がどんどんボケていくことである。

 頭が悪い人間は気水も枯れている。要するに、知恵をもっと使ったほうがいい。神様事をする人の中には、「観念をつけないほうがいいから」と、世に出ている学術書や経済の本、学問の本を全く読まない人がいる。しかし、それで頭を鈍くしたら意味がない。

 例えば、観念はなく柔軟ないい頭脳を持っているがボケているのと、観念ガチガチで元気というのだったら、後者のほうがずっといい。

「あっ、名前、何でしたっけね。あっ、山田さんか。そういえば、そうだったかな。グワーッ……(居眠り)」

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード