自分の殻を破る瞬間とは1473

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(76)

 要するに、従来の自分の殻を破る瞬間というのは、そのように自分に問いかけ、学び、省み、悶えて、悟りたい、いや捨てた、と行きつ戻りつしながら、自分の状態をまるで熟れきった果実のように、少しでも触れればたちまちはじけそうな極限の段階まで高めていき、そして天の時とも言うべき絶好の時を待ち、無形の気がなった瞬間に、竹筒が作るカーンという音とか、ちょっとした言葉を契機にして、あっ、そうか!と大きな閃きで悟る。魂の奥深いところに、「そうだ!」と深く悟入する瞬間のことを言うのである。

 悟った瞬間の感激を表現することは、口のきけない少年が、とびきりおいしい西瓜を食べた感動を、身振り手振りで表そうとする様に似ている……と言った禅者がいる。まことに至言である。手の舞い足の踏む所を知らずとも言うが、文字や言葉で表せないような、これほど深い感動や深い悟りというものは、己の気が熟しているのは勿論のこと、天の気が凝結した瞬間でなければ到底到達できないものなのである。悟り時期と天の時が合う、ということだ。

 このことを知って、今一度、

「気のなりて おのずから来る 悟りこそ 禅より来る 恵みの知恵なれ」

 の歌を味わっていただきたい。

 悟りに関する以上の三首は、いわば連作である。皆様はこの三首のうち、どの段階におられるだろうか。ぜひとも、最後の歌の境地にまで到達していただいて、悟りの喜びを味わっていただきたいと思う。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード