すべては自己を修めることから始まる141

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(25)

 天下を平らかに治めようとするならば、よく国を治めなければならない。国を治めようとするならば、自分の家をビシッと斉えなければならない。そして、その家を斉えようとするなら、よく自己を修めなければならないのである。だから、すべては自己を修めるということからはじまるのだ。-これが、「修身斉家、治国平天下」の意味なのである。が、昔の人は霊、霊界などととりたてて意識もせずに、学問教養、道徳面での努力を惜しまなかった。そのため、悪霊の災いを受けることを、別な形で逃れていたようである。

 つまり、体力や意志や心のもち方を養う正しい努力さえ積み重ねれば、先祖の悪しき霊や地縛霊、浮遊霊といった悪霊の大部分との接触は見事に払拭できるのである。

 例外として、家代々のたたり霊などは強烈なものであるから、どこかに除霊を頼むしかないが、それ以外のものは、自分の努力でいくらでも除霊できるのである。

 ところが、学問教養と正しい信仰力がなくて、霊の世界にばかり気持ちを向けているとこうはいかない。ますます、霊のとりこになってしまうのである。そういう人は、どんなに除霊をしても、本人の想念が常にマイナスの霊を呼ぶからたいへんだ。たとえば愚痴とか不平不満、妬み、エゴイズムに満ちている人は、除霊しようとしても悪霊が取れるどころか、マイナス波長の霊界に心を強く向けるので、さらに新たなる悪霊にとりつかれることになる。

 お墓に行けば霊をもらい、人と話せば、人の語る後から、その人についている悪霊をもらう-これが、学問教養と信念や信仰力という魂の輝きがない人の常である。ちなみに申し上げておくが、こういう霊たちに絶対やられない三原則があるので、それを伝授しておこう。「恐れない。気にしない。同情しない」の三つである。たいてい、こういう類の霊にやられるときは、この三原則のうちのどれかを忘れている状態のはずである。

 だから、そういう点に気をつけて、たえず努力して学問を積み、教養を厚くし、それに基づいて正しい信仰力を養わなければならないのである。それは、そうすることがわれわれの御魂が喜び発動する道であって、霊明と霊光を輝かせることになるからなのである。そして、それが自動的に悪霊を寄せ付けぬ己をつくり、守護霊団の大いなる見方を勝ち得ることができる秘訣ともなっているからなのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 学問 教養 信仰

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード