救霊を受けると二度と起きなくなる1481

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(84)

 終了後に、私は閉じていた目をあけて彼に聞いた。

「いかがですか、胃の具合は」

 その時、彼の目から一筋の涙がこぼれていた。彼は私に言った。

「どういう訳かわかりませんが、涙が出てしまって……」と。

 霊が喜んで救われる感動が、憑かれていた人には無意識に伝わってきて、自然に涙がこぼれたりするのである。

 ほとんどの場合、先祖霊の救済はすみやかに行われる。霊界のことを知らないだけのことが多いので、分かれば後は早い。

 その男性はその日以来、すっかり胃の調子が良くなり、食欲も元に戻ったという。一ヶ月後の連絡では6キロ、体重も増えたそうである。

 もう少し言っておけば、よく胃ガンなら胃ガン、子宮ガンなら子宮ガンと、代々あるいは家族が次々と同じ病気にかかったりして、ガン家系などと言われたりする家がある。これも、ガンで亡くなった先祖が守ろうとして憑いていたり、助けを求めて憑いたりして、憑かれた人から順番にその先祖と同じ病気で亡くなるのである。だから、誰かが一度救霊を受けると、以後その病気はその家系では二度と起きなくなることも多い。

 しかし、先祖霊はまだしも、もう少しやっかいなのが、家代々のたたり霊である。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード