三途の川、一途の川1496

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(99)

 ところで、三途の川というのは霊が上・中・下の三段階に振り分けされる川で有名だが、他に、一途の川というのもある。

 これは即地獄か、即天国かの一本の道しかないような人が渡る川で、これを一途の川という。もうお前には選択する余地はない、お前はこれしかないということで、極悪の者、極善の者は一途の川に行く。

 それ以外の大多数の人々は三途の川を渡り、行くべき霊界を振り分けられて天国(=上)・中有(=中)・地獄(下)と大きく三つの層の世界に行くことになる。

 天国は気持ちいいし、中有界の上段もなかなかいい世界だ。ここに住む霊たちにとっては、供養など全く必要ない。

 だから真ん中のレベル以上の霊にしてみると、仏壇などあってもなくても平気なのだ。無論、人の体にかかることもない。もし万一かかっても、かかられた人はとても心地良いだけだ。

「あら、守護霊様かしら。守護霊……、ふだんの守護霊よりも、何となく、高貴な感じだな。えっ、この間亡くなったおばあちゃんなの。そう。生前、世の為人の為に生きて、立派に修業を済ませていたのね」

 と、こんな場合はお互い幸せなだけだ。仏壇や位牌にかかっても、ああ、おばあちゃん、お元気ですか、と言うだけで充分。子孫がお供え物をする気持ちを受け取って、霊も嬉しいわけだ。これは非常に好ましい姿であって、それから三十年も経つと、用事のない時にはおばあちゃんも来ない。そして自分の霊界修業をする。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード