仏様の教えを三法印という1503

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(106)

 仏様の教えを三法印という。大きく広く言えば大蔵法典、小さく要約して言うと三法印、諸行無常・諸法無我・涅槃寂静が仏教の3大ポイントなのだ。

 般若心経の核心は、現世で見たり聞いたりしたものは全て無い、無いということも何も無いぐらい無いんだ、ということである。だから、この此の岸のことをいつまでも思わないで、彼の岸に渡りなさい、執着心をなくしなさい、もっと軽やかな心になりなさい、と死者の霊に諭す教えなのである。

 ところで、極楽浄土へ行くための3大ポイントはというと、

 まず第一に、慈悲の心を持って、温かい性質である。

 第二に、前向きで、執着心を捨てて、軽やかな振る舞いを心がけている。

 第三に、何事にも感謝の心を忘れず、いつも明るい。だから極楽浄土に行く。

 現世に執着心が何もなく、死んだら死んだで非常に心が軽い。軽いから上へ上へと上がっていく。このようにいかにすれば心軽やかになるかという点を解説したのが般若心経である。

 つまりこの3大ポイントのうちの「軽く」という、一つのポイントを実践する意味を書いているのである。すなわち、般若心経に書かれている内容は、生きている人が、生きている間に理解して、形あるものに対する執着心をなくしていこう、と実践すべきものである。これこそが般若心経の正しい読み方であり、般若心経に向かう時の正しい姿勢であると言える。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード