お経をあげつつその意味を理解し納得せよ1506

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(109)

 お経をあげるとか写経をするということ自体は悪いことではないが、それだけで良しとしてしまって、本質を理解しないままでは問題がある。よく意味を理解して、時々般若心経を読んで執着心が多い我が心を反省する。お経をあげながら、意味するところを理解して、そうだなと思う、これが大事なことなのだ。

 そうは言っても、般若心経に限らず、仏教の経文はどれをとっても全文漢字で書かれているので、現代の人には難し過ぎるだろう。「南無妙法蓮華経」だけなら子供でも知っているが、肝腎の法華経というお経の意味、法力の秘密となると、よほど研鑽を重ねたお坊さんでないと通じていない、というのが実情だ。

 私はセミナーにおいて、法華経の法力に関して現代用語で易しく平たく解説したことがある。法華経の現代語訳だ。

 しかしこれを今、記録にとどめていたとしても、一万年ぐらい経つと、難しい言葉を話していたものだなあというふうに言われるかもしれない。そういうものだ。

 ともあれ、お経は理解するものだということをおわかりいただけたと思う。これが本質なのであって、仏壇の前で般若心経をあげればいいとか、無縁仏さんに般若心経をあげてお祀りすればいいといった風説はあるものの、私としてはこれまで述べたような理由で、そうしたことはお勧めできないと考えている。どうしてもやりたいという方を止めることはしないが、やるにしても本当の意味を理解してやったほうが、変な霊に取り憑かれることもなく、仏教の本質に近づくことができるだろうと思う。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード