人生の本義とは144

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(28)

御魂を向上させる四つの要素

 今述べたように、人生の本義は自己の御魂磨きにある。人間は、肉体を強化するために生まれてきたわけでも、労働をするために生まれてきたわけでもない。もちろん、それらは重要な要素ではあるが、あくまでも手段にすぎず、究極の目的は、自分の御魂を磨き、向上させることにある。

 ではどうすれば御魂を磨き、向上させることができるのであろうか。

 それにはまず二つの方向性が考えられる。ひとつは陰、もうひとつは陽。陰とは密教でいえば胎蔵界(たいぞうかい)であり、陽は金剛界(こんごうかい)である。前者は信と智と内的向上の世界であって、後者は善と慈悲と外的発展の世界となる。これをさらに四つの方向性でとらえると、「霊格を向上させて内的覚醒を進歩向上させること」「森羅万象、神、幽、現の理(ことわり)をきわめて、真諦を悟得させること」「ひろく社会に善徳を施して、神と人々に対する功を立てること」そして、「慈悲きわまりて衆生を済度ならしめること」の四つである。

 第一の霊的に向上するとは、神に対する信と智と行を磨くことによって、内的、霊的に御魂を磨くことである。もちろん、自分の方からあがって行くあり方と、神霊界の方からの引きあげによって為されるあり方とがある。前者を後天の行、後者を先天の行という。後天先天が合一して、先後一致したものが理想であり、これを先後一致の妙諦と呼ぶ。

 第二の真諦をきわめるとは、真実の学問(釈尊の説く無法の法、孔子の説く聖人に至る道、老子の説く無為自然の大道など、顕在智を固める情報学問ではなく、潜在智を豊かにする天則、天理を学ぶ古学、霊学、神霊学のこと)を積んでものごとの真理、真諦を体得することである。ものごとの真諦を知れば知るほど、御魂は向上するのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 御魂 先天 後天 真諦

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード