古いお墓ほど強く霊力が宿っている1511

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(114)

 古いお墓ほど、強く霊力が宿っている。だから、全く新しい、いいところに変わって(嫁いでいったりして)名前が変わった時には、心機一転して、いいお墓を作ったほうがいい。ここが先祖代々の墓だと強い念を込めたら、強い霊力が出てくる。

 いいものは信じ、悪いところはあまり信じないという具合に思っていけばいい。こちらの心の調節次第で、その霊力(影響力)に大小が出てくるのである。

 お墓と墓相学について、霊界法則をもって説明すると、こういうことになる。


仏壇に依る霊は江戸時代以降の先祖だ

 仏壇に話を戻そう。

 仏壇にいらっしゃるのはご先祖だと皆思っているが、先祖は先祖でも封建時代の古い先祖がほとんどである。ごく新しい昭和三十年代のご先祖というのはあまりいない。

 昭和五十年代のご先祖はまずいない(当然である)。若くて大体、大正時代。明治、江戸時代に生まれた人が今、お墓や仏壇にかかるご先祖になっている。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード