言葉を添えれば、霊界では一升になる1516

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(119)

 なぜ突然大酒飲みになってしまったのか、その霊的な背景を見てみた。すると、夫の家の先祖の中に大酒飲みの先祖がいて、霊界に帰った後も酒が飲みたくてしょうがないと思っていた。その先祖霊が何かの拍子に、この夫婦にヒョイと懸かってしまったのだ。結婚式の三三九度を見るか何かで、うらやましかったのかもしれない。それで、このご夫婦にガバガバ飲ませることで憑いている先祖も一緒に飲み、憂さ晴らしをしていたというわけである。私はこのご夫婦に、仏壇にお酒を一合お供えするように勧めた。すると翌日から夫婦の大酒がピタッと止んで、元の酒量に戻ったそうだ。このように仏壇に供えるやり方は、実は霊界の理屈にかなった方法なのである。

 仏壇に供えた一合の酒は、霊界ではその量をいくらにでも増やすことができる。

「どうぞ、お飲み下さい」

と供えた後に言葉に出して呼びかけることが大切なのだが、もらった先祖霊は大喜びで、人に懸かるのを止めて酒に懸かるようになるのである。この世における量が実際には一合でしかなくても、

「どうぞ一升のお酒をお飲み下さい」

と言葉を添えれば、霊界では一升になるのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード