ある時急に夫婦仲や親子関係が悪化するのは1520

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(123)

 結論から言うと、こういうことはしないほうがいい。家の中が非常に混乱することになるからだ。

 どういうわけか、夫婦仲や親子関係の具合が悪くなり、居心地の悪い家庭となってしまうのである。

 なぜそうなるのか。こう考えてみると良い。

 例えば、八畳のお部屋に、ご主人がいる、奥様がいるというのはわかる。子供がいる。ここまでは良い。ところがそこに、ご主人のおじいさんとおばあさんとおじさんがいて、さらに奥様のお父さんとお母さんとおじさんがやってきて、同じ八畳の一部屋に住んでいるという場合はどうだろうか。

 大体、奥さんのほうのお父さんとお母さんというのは、大正、明治、あるいは江戸時代に生きた方たちなので、

「どうも、娘がお世話になっておりまして」

「いやあ狭いところで、もう本当に……」

「どうぞ、お互い親戚ですので、どうぞどうぞ」

「いやあ、本当にお世話になりまして」

「どうぞどうぞ。わしらも嫁の立場でございますので」

 ということになる。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード