妻の先祖だけを祀っているとどうなるか1523

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(126)

男女平等が通用しない先祖の霊界の悪影響

 例えば、夫は次男だが、妻は一人っ子で他に兄弟姉妹がいないという場合を考えてみよう。実際に時々出遭う話である。

 このような場合に、ご主人の家の先祖を全く祀ることなく奥様の実家の先祖だけを祀っているという時、どうなるか。

 結論から言うと、これは完全に奥様上位の家庭となってしまって、夫が全く不甲斐ない人物となり、居るのか居ないのかわからないような、存在感の無い夫となってしまうのである。

 妻の側の先祖は部屋の中に山ほどいるが、夫の側は何とか守護霊だけでもっているという印象を与えることになる。それで元々か弱いご主人が、家では、

「あの、お味噌汁……、あの、無くてもいいです」

 で、社員食堂で何とか食いつないでいるといった感じになってしまう。これでは仕事もうまく行かない。奥様だけがすごく頑張っている、という家は大抵こうなっている。

「奥様、ひょっとして、仏壇の位牌は奥様の実家のご先祖だけをお祀りしているのでは?ご主人のご先祖は……」

「ええ、私はもう昔から母が信心深いものですから、仏壇はちゃんとお祀りしています」

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード