ご先祖様は箱を食べるわけではない1526

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(129)

先祖霊は包み紙を食べるのではない

 それから、故人がバタープリッツが好きだったというので(ビスコでもいいが)、お供えする時に注意すべきことがある。

 きちんとビニールに包んであったり、バタープリッツだと箱詰めだったり、あるいは銀紙で包まれていたりする。桃などの場合、包装紙に包まれているのをそのままお供えしたりする。

 見た人は、きれいな感じで箱に入っているほうが満足するだろうが、ご先祖様は箱を食べるわけではない。果物も皮を全部むいて、すぐ食べられるという状態にしてお供えするほうがいいのだ。バタープリッツも、箱をとって、銀紙をとってまとめて置くか、生け花のようにして立てるか、お線香のように立てるかして、すぐ食べられる状態にして供えてあげると、ご先祖様はその精気を食べることができる。

 果物とかご飯、特に箱入りのお菓子の場合など、全部むいて出してあげたい。そのほうがご先祖様は喜ぶ。ちょっとしたことだが、ずいぶん違うものなのだ。

 せっかく供養をするのなら、その程度の手間は惜しまないことだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード