神道も日蓮宗も浄土真宗も位牌は祀るべきだ1530

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(133)

 そういう場合、順序が違うので、ご先祖様は非常に苦しくて、子孫が病気をしたりすることになる。

「先生、ちゃんとお祀りしているんですけれども」

「どういうふうにお祀りしているの?」

「神棚も規定通りに、ちゃんと正式にお祀りしているんですけど……子供が病弱で……」

 よく聞いてみたら、神棚が下で仏壇が上になっていたのである。これでは順序が違う。神様の光がまぶしいからなんとかしてくれ、とご先祖様が非常に苦しんで訴えていた、ということがあった。

 そんな場合は、神棚はどこか別な部屋に移して高いところに置き、仏壇はやや低めに置くというのが順序である。


神道も日蓮宗も浄土真宗も位牌は祀るべきだ

 ところで最後に、宗派によっては仏壇や位牌を祀らないところもあるが、それは神霊的に見てどうか、ということについて述べてみたいと思う。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード