格物致知の本当の意味147

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(31)

 いささか難しい話になるが、儒教の「格物致知(かくぶつちち)」という言葉について説明してみよう。「格物致知」については、いまだ正しく答えた人がなく、学者の中でも諸説紛々としているが、神霊世界から見て私なりの解釈を示すと、だいたい次のようになる。

 格物というのは、格は「いたる」であったからものをいたらせるということで、これは具体的には、物質的な欲望、人間心をきわめてなくするという意味である。

 また致知とは何かといえば、知は先天の知を意味し、王陽明のいう「良知(りょうち)」のことであり、自分の本霊が先天的にもっている無量無辺の智のことを表す。そして、致とはそれらをよく働かせ、よくまっとうさせるということだ。

 それゆえ格物致知とは、人欲をなくして先天の知を引き出し、よくそれらを働かせて行じるということなのだ。

 これを、『大天運』でもふれた『中庸』の「人心これ危うく、道心これ微(かす)かなり」という言葉を参考にすると、さらに理解しやすくなるだろう。

 中国古代の聖人であり、帝であり、政治家でもあった堯が舜に伝えた、聖人と政治家と帝としての心がまえの秘伝の中で、最も大切な要諦を表した言葉であるが、ここでいう人心とは人間心、すなわち物質次元の欲望すべてを意味する。

 それゆえ、「人心これ危うく」とは、「人間心で行うとすべて危険だ」「顕在智で考えて行う事柄は、いかなるときにも失敗の危険をはらんでいる」「物質的欲望にこそ、己の人格と修養と行いをだめにするすべての危険が潜んでいるのだ」という意味なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 格物致知 先天 中庸

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード