栄養学いろいろ1542

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(11)

〈その1〉酸性・アルカリ性説。

 体のペーハーを7.4か7.5にすると、血液の循環が良くなって末梢まで血液がいく。ところがペーハーが酸性に近くなって乳酸がたまると、赤血球の中のヘモグロビンが酸素を運べなくなって、毛細血管に血液が行かなくなる。だからアルカリ食品がいいという考え方が成り立つ。

〈その2〉ビタミン説。

 ビタミンEが不足すると老化する。つまりビタミンEこそが、若々しさの根源であるという説が基本。しかし、ビタミンEだけでは完全ではない。プラス、ビタミンCとカルシウムが必要。なぜならば、ただでさえストレスがたまる現代なのに、現代人は小魚を食べなくなって、カルシウムが不足している。そのため、よけいにイライラしている。現代病はストレスが一番悪いのだから、ビタミンE・Cとカルシウムをバランスよく飲むのがいいという説。

〈その3〉菜食主義・玄米食主義説

 要するに肉はよくないという考え方である。

 人間の体をつくり、それを維持するのに必要なのはアミノ酸だということはご存じだろう。中でも一〇種類の必須アミノ酸というのが、人間には欠かすことができないものである。そして、それぞれのアミノ酸には、それぞれ役割がある。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード