玄米食はどうか?1543

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(12)

 うち八種類のアミノ酸は体を維持する役割。いわばメンテナンスのためのアミノ酸であり、これはすべて、植物に含まれている。

 あとの二種類は何かというと、成長をつかさどるアミノ酸である。そして、この二つは牛乳・肉といった動物性たんぱく質に含まれている。だから牛乳を飲んだり肉を食べると発育が良くなるわけだ。

 しかし、成人してしまえば、もう発育なんかとまっているのだから、維持するほうのアミノ酸だけでいい。そして、この八種類のアミノ酸はすべて植物に含まれているのだから、成人は菜食の方がいいんだという考え方である。

 そこから菜食主義が出てきた。そして、植物の中でも玄米こそはバランスのとれた優れた食品だというので、今度は玄米食主義が出てきたわけである。とはいっても、玄米だけですべてを摂取できるわけではない。ビタミンやカルシウムは、玄米だけでは摂取できないか、不足する。そこで玄米プラス海草類、ゴマ。これで理想の食品だということである。


経営者に玄米は向かない

 玄米食信奉家というのは頑固者が多い。そこに菜食主義がプラスされると、これはもう手に負えない。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード