経営者にはある程度わがままが必要だ1563

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(32)

二割のわがままで安定経営

 すなわち経営者には、ある程度わがままが必要なのだ。

 もちろん、わがまま放題にやっていいというものではない。社員が全部やめてしまわない程度のわがままである。一割から二割のわがまま。それを越えると社員がばらばらになって「もう社長にはついていけない」なんてことになるので、二割まで。その範囲でわがままにする。ゴルフもする、酒も飲む。美人に出会ったら「ウフフ」、女性経営者ならハンサムな人に「ウフフフフーン」と楽しい一時を持ってもいい。お茶会をするのもいいだろう。

 なぜなら、ストレスをためると病気になるからである。「私が病気になっては、君たちのために責任を全うできないんだ」と言えばいい。これは経営者、上に立つ人間の責任である。

 経営者があまりにも石部金吉、まじめで人格者で、宗教的倫理観も揺るぎがないという人だと、売り上げは上がらない。社長はものすごく素晴らしい人なのに、社員は沈んでいるなんてことになる。

 そういう人は、とかく本当のことを本当の言い方しでか言えないものである。これは経営者としては困りもの。やはり少しぐらい「うわーっ」とはったりをかますぐらいでなくてはいけない。ましてや銀行、取引先、販売先、仕入れ先には(嘘をついてはいけないが)限りなくことら側の希望的観測に基づくところの拡大解釈を、お話しする程度はいいのだ。それがコマーシャル、営業である。事実に反する嘘はいけない。しかし拡大解釈はいい。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード