取引先の中身1571

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(40)

 とりあえず、会社経営の心構えといった根底のところからレクチャーしてみた。

 しかし目の前のこの女性は、そんなところまで考えて質問したのではないようだ。どうやら、本当に経営についてまるで知らないらしいのだ。どんな二代目経営者になるのかと、人ごとながら少々不安である。そこでもう少しわかりやすい具体的な話をと、取引先の売り上げシェアについて話をした。

 取引先を新規開拓した場合、帝国データバンクや商工リサーチなどの会社に調査を依頼する。その場合に、取引先が三〇パーセント以上がスーパーだといい点数がつかない。いい信用状況ではないと判断される。

 というのは、スーパーは、十五日締めの月末払いとか、十五日サイドでキャッシュが入ってくるのだが、回転率が悪かったり在庫が多かったりすると、決算前に現金が振り込まれるかわりに現品が返品されてきたりするのだ。当然、入金予定は崩れる。

 スーパー大手のD社にそれをやられて倒産したある会社の経営者は、頭がおかしくなってしまい、「D社のバカ、D社のバカ、D社のバカ」と、心斎橋のビルディングの壁にチョークで毎日毎日書いていたらしい。

 なにもD社だけではないが、D社が非常にワイルドであることも確かだ。ともあれ、少なくともスーパーが取引先の三〇パーセントになった場合は怖い。しかし、スーパーの取引のやり方というのもあって、こっちで返品をくらったのをあっちへ納品するとか、決算期を少しずつずらしていって、こっちで来たやつはあっちへ回すという方法はある。ただ、スーパーだけを相手にする会社というのは、いつやられるかわからないという話をしたのだが、それを聞いてもこの女性は「はあ~」とピンと来なかったようである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード