合理性と不合理性の均衡1578

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(47)

 だからそれがどうした?売り上げにどんな関係がある?運動だというのなら、ただ歩けばいい。素振りでもしていたらいい。しかし、やっている人間にとっては、その不合理、意味が無いようなことが楽しい。実は私も大好きだ。意味の無いことに夢中になるというのがスポーツや遊びの原点なのである。

 野球。球をポーンと打ってクルクル回って……これも意味なんか無い。

 もっと変なのは囲碁。白い石と黒い石を並べて、どっちの陣地が一個多いとか少ないとか……いかに勝つかということには、定石という合理的な理論があるかもしれない。けれど、囲碁そのものには合理性なんか無い。脳の訓練というのなら、コンピューターをいじるとか金勘定をするとか、他にもいくらも方法はある。別に囲碁や将棋でなくたって仕事で脳の訓練はできるはずだ。

 要は気分転換なのである。

 不合理なところがあるからこそ、人はそれを面白く感じたり楽しく感じたりするのだ。その結果、気分転換できる。従業員に対しても自分自身に対しても、会社というのは合理性をどこまでも追求するのだが、不合理な遊びや空間が無いと、それも生きてこないわけである。

 住まいだって同じ。合理性追求・機能一点張りの部屋というのは、決して快適なものではない。何かしら遊びの空間があったほうが快適である。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード