高級霊の働きとは153

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(37)

 したがって、本人の御魂の成長を妨げるような祈願であれば、どんなにお願いしても高級霊は黙って見ているだけ。決して動こうとはしないのである。

 逆に、前に述べた四つの要素にかなって、本人の御魂の成長と向上につながるものであれば「よしっ」とばかりに、たとえお祈りしなくても積極的に動いてくれるものである。お祈りをすれば、いうまでもなく一層強く守護してくださる。

 それだけ、高級霊とは、学問と教養と高次元での先見性、かつ霊的な覚醒と高度な智恵を備えておられるということになる。

 これに対して悪霊や低級霊はどうなのかというと、本人の御魂の成長など一切眼中にない。自分が肉体をもっていないから、ただただ肉体を占領して、思うようにその肉体を操りたいだけである。

 いってみれば、欲望エゴの固まりである。というのも、低級霊は高級霊とは違って高い咀嚼力、つまり、学問、そして正しい信仰力に基づく解釈力や包容力がなく、目先のわが思いのみで生きている存在なのである。むろん高い、文化的で繊細微妙なる感性や人情の機微を解する心などはない。一言で表せば低級霊とは、低級なる人間性をもつ霊のことだと考えてよいだろう。

 そういう霊は、肉体をもたないことを悔み、何とか他者の肉体を占領しようと、絶えず関与して憑霊する隙を狙っているのである。

 たとえば、「私は日蓮の生まれ変わりだ」とか、「私は釈迦の生まれ変わりだ」など。また「おまえには、これこれこういう使命がある」などとささやいては、人間の心と霊体と肉体を占領しようとするのだ。

 このあたりに注意していれば、悪霊や低級行者人霊などにやられることもないのだが、霊に強い興味をもっている人や、霊を扱っている霊能者や宗教家は、ミイラ取りがミイラになるような形で悪霊の犠牲になることも多い。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 半田晴久 ワールドメイト 欲望 エゴ 憑霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード