一番難しい社員六〇人の会社1665

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(133)

第六章 人は石垣、人は城のウソと真実


一番難しい社員六〇人の会社

 最後のこの章では、ちょっと辛口の中小企業経営の真実を明らかにしていきたい。経験と見聞と、つまり現実に裏づけられた本音の中小企業診断とも言える。会社をダメにするダメ社長とはどんな社長か。会社を揺るがすダメ社員とはどんな社員か。そして、それを救うのはいったい何者なのか。

 心して読んでいただきたい。

 まず、会社の規模について入っていこう。

 商工リサーチの調査によると、一番よく倒産する会社の規模というのが、従業員六〇人の会社。これが目安。順調に発展してきて、従業員が六〇人ぐらいになった会社というのが一番倒産率が高い。

 あなたの会社はどうだろうか?

 それ以下の会社なら、小は小なりの良さがある。

 例えば二〇人なら二〇人、三〇人なら三〇人の規模の会社の場合、社長の目は隅々までいき渡る。セミナーではいつも言うことだが、従業員二〇人、三〇人の小企業の場合は、社長の商売の才覚が九五パーセントだと考えていい。極端な話、社員はお茶を汲むだけ、鍵をかけるだけ、車を運転するだけでいい。社長の商売の才覚が九五パーセントだ。社長に商売の才覚が無い場合は、たとえ二〇人、三〇人の小さな会社であっても、引っ張っていくことはできない。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード