霊言を言うことは100%魔を呼ぶ170

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(54)

 ましてや、厳格な審神学と天界の様子を知悉している内覚力が乏しい霊能者たちの、低い霊的なレベルで、ずば抜けた審神師も側にいないままで、天照大御神をはじめとする神典に登場される神々が、正確に霊言やら神示をドンドンとお出しになるわけはない。お出しになるとするならば、清浄域に詣でた後、おごそかに、神韻馥郁(しんいんふくいく、※しんいん=芸術作品あるいは人格などに感じられる、すぐれた趣。※ふくいく=香気のいっぱいに漂って盛んにかおるさま。)たる寸言をもって要点をお示しになる程度なのである。

 また、この口をついて霊言を発することが百パーセント魔を呼ぶ危険性をもつことを知って、自分から霊言によって人々を導くことをおやめになった良心的なシャーマンもいる。

 それが、立正佼成会の脇祖とあがめられる、長沼妙佼女史である。女史は、日蓮上人が生まれ、得度されたことで有名な千葉県小湊誕生寺において、沼のほとりに庵を結び、死ぬ気、死ぬ気の精進と赤誠をもって行をなされた方である。その結果、大霊能者となった女史は、たとえば、頭にひどいおできができた子供を見て、「かわいそうになあ。よし、よし」と言って頭をなぜたら、ポロリとカサブタがその場で取れて、その場で病いが完治したというエピソードのもち主だ。それほどの彼女でさえ、「ご発声(霊言)は魔が入りやすいからやめることにする」といって、口をついて出てくる霊言によるご指導をやめられたのだ。出口王仁三郎や彼女ほどの大霊能者でも、おやめになるぐいであるから、一般の方々や、巷の霊能者、宗教家は、良心があるのならおやめになるのが本当ではなかろうかと思う。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 霊言 シャーマン

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード