生き様と人格の基礎になっている性質175

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(59)

 このような人は、それまでの生き様と人格の基礎になっている性質が、どうしても低次元霊界の波長と合うため、どんなに高級な神様を求めても、霊的感性が鋭くなれば逆に悪霊を呼びやすくなるのである。出口王仁三郎が、鎮魂法帰神術を一般にはやらなくなった経緯と、事は同じである。

 いろいろなことから私も常々心配していたのだが、この不安はみごとに的中してしまった。ある日突然、Aさんは、
深見東州には悪霊がついている。魔ものがついている。」
 といいはじめたのである。そればかりか、ほかの会員たちに次々と電話をしては、
深見東州悪霊にやられているから、行ってはいけない」
 と、ふれ回ったのである。

 そこである会員の方が、「なぜそのようなことをいうのか」と問いただしてみたらしい。彼女はいった。
「私の独自な方法でわかったんだ。お告げがあったんだ。それに、先生のところへ来てからというもの、はじめはよかったのだが、途中から自分はおかしくなった。だから、先生は悪霊にやられているのに違いないのだ」

 客観的に見て、先生がおかしくなったのなら、それは「先生が悪霊につかれておかしくなったのだ」といっても、ごく常識的な論理であるといえるだろう。だが、「先生は誰から見てもごく正常で、自分だけがおかしくなった」場合、なぜ、先生に魔ものがついていることになるのか。良心的な常識からいえば、まず、「自分がおかしくなった原因は、自分のどこかに思い違い心得違いがあったに違いない。それは何か、どこか」そう心得て神様の前で自分を謙虚に省みるのが普通だろう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 半田晴久 ワールドメイト 出口王仁三郎 悪霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード