声が聞こえてきたらまず疑ってかかる177

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(61)

 中途半端に霊能が開いた人間は、だいたいこういう目に遭うことが多いのである。ところで、では、このAさんの場合、霊界からお告げがあったときに、どのように対処すればよかったのだろうか。

 先に私は、霊的に混乱したら常識の世界で割り切れといったが、Aさんのケースでは、他人にふれ回る前に私のところに手紙を出すなり、直談判に来ればよかったのだ。どうしてもおかしいと思うのなら、何よりもまず、その本人に疑問をぶつけるべきである。
 「私のみたところ、どうも先生はおかしい。悪霊につかれている。正しい、善き先生に戻ってください」
 と真正面からぶつかってくるべきであったのだ。それが至誠というものではないか。そうすれば、どんな悪霊にやられているか、瞬時のうちに見破って、天狗の鼻を私がヘシ折ってあげていたのだ。それが、師弟の間柄というものではないか。

 霊界から声が聞こえてきたり、お告げを受けたりしたら、その指示どおりに動くのではなく、むしろ疑ってかかり、現実界の礼節などに照らし合わせて、問い返し、考えを正すべきなのだ。そうすれば、そのお告げが正しいものであるか否かが、はっきりと見えてきたはずである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 霊能 霊界 悪霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード