現実界の環境も大切180

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(64)

 涅槃寂静だけではなく、このような心のバネ、心の柔軟性を説いたのが、仏教である。しかし、その仏教にも問題がないわけではない。なぜなら、仏教はあまりにも心の世界にだけとらわれすぎているからだ。

 周知のとおり人間は、心だけではなく肉体ももっている。しかも心は肉体の影響を強く受けるのである。その肉体的な面、言葉を換えていうならば現実界を、仏教は往々無視しているといわざるを得ない。

 具体的に述べてみよう。

 たとえば、浩宮皇太子殿下である。いうまでもなく、浩宮様は日本国の象徴としてのお立場におつきになるよう教育を受けられている。ご幼少のころからすばらしい環境で育った殿下には、悪い想いや悪い念などはあまり湧きあがってくるはずもないのである。

 反対に、劣悪な環境に育った人の場合はどうだろうか。どれほど努力しても、いい想念がなかなか湧いてこないに違いない。実は、こういう人にこそ真に仏教が必要なのである。

 したがって、「心だ、心だ、心の修養だ」という前に、いい心が湧く環境をつくることの方が、より大切なことであることがわかる。特に、小さいころからの環境づくりは一層大切なことである。「衣食足って礼節を知る」という言葉どおり、現実界がある程度豊かできちんとしていれば、悪い念は出てこないものである。

 心と想念がすべてではない。現実界がよかったら、人間はおのずからよい心をもつ。よい心をもてば、優れた感覚やすばらしい神気にもふれることができるのである。

 だから、現実界というものを改善することを棚にあげておきながら、心だ、想念だというのが、仏教信奉者の犯しやすい間違いであるといえるだろう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 環境 想念 仏教

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード