悪霊に打ち勝ち善霊を活かす186

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(70)

 ところで、霊は人に対し、さまざまな関与をしてくるのだが、われわれ肉体のある人間は、霊に使われているようではいけない。常に自分が主体の立場に立って、霊を追い払ったり導いたりするくらいでなければならない。

 そのためには、心の世界を基軸として、現実界と「いい感覚の世界」である神界というものを、自分自身で主体的に自在活用し、自分の毎日というものをよりよいコンディションに保っておく必要がある。そうでなければ、霊にあやつられる人生にならざるを得ない。気持ちが絶えず霊というものに打ち勝って、善霊を生かして誠であやつるようでなければいけないのだ。

 今日まで、霊能者霊界ばかり、神に生きる人間は神ばかり、常識人は常識ばかりという具合に、それぞれの道に偏してそれらを探究してきた。

 しかし、それひとつだけではすべてが間違いとなるのである。なぜなら、各々たった一つの世界のことしか見ていないからだ。三つを全部見て、今の自分を最高にして、周囲をも幸せにするという姿勢が正しいのである。

 霊ばかりを見ていると、悪霊にだまされ占領される。常識の世界ばかり見ていたら、「」(霊な神仏の動きのこと)が乏しくなり天運が引き込めない。神様の世界ばかり見ていたら、社会に根ざさないで世間から相手にされない。

 そもそも、天地を創造された主の神様は、神界と霊界と現実界の三界をつくられたのである。だから、正しく神様を掌握して、正しい自分の人生をまっとうするには、神界、霊界、現実界の三極を同時に尊重して、偏りなくバランスをもって見ていくことが必要なのだ。

 そうして、常に自分自身の魂を向上させ、ご本霊を輝かせて周囲に善なる感化力を与えるように努力しなければ、正しい人生ということはできない。たとえ神様を信じているといっても、決してそれだけでは正しく信仰しているとはいえない。いやそれどころか、知らず知らずのうちに、悪霊にご本霊を占領されてしまうことだって十分に考えられるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 悪霊 常識 霊能者 霊界

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード