ただ今に全力を尽くすことの大切さ190

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(74)

 また、こういった努力を心がける人物は、自分で回答を見出し、自分で切り開いていく方法を知らず知らずのうちに身につけていくので、ますます守護霊の援助を受け、葛藤がなくなる。仮に不安や葛藤があったとしても、逆にそれをバネとして乗り越えていくことができるのである。

 ある人が希望という字を「喜忙」と置き換えたが、現在、ただ今に全力を尽くしてさえいれば、おのずから今為すべき最善の道が明確になるのであって、これがいい霊を呼び、いい運を切り開いていく方法なのである。簡単で、あたり前のことだが、体得して実行するのはなかなか容易なことではない。

楠木正成が教える大悟の道

 今、このとき、つまり「ただ今」をできるかぎり前向きの姿勢で生きようとすれば、つまらぬことにあれこれ悩む暇などなくなる。悩みがなくなれば迷いの雲、不安の雲は、ものの見事にかき消されてしまうものなのだ。このことに関する歴史上の実話エピソードについて述べてみよう。

 南北朝時代の英雄、楠木正成公が湊川の戦に趣く際の話である。

 『神界からの神通力』でも書いたが、彼はすぐれた霊能力のもち主だったといわれる。足利尊氏が大挙して都に押し寄せてくる。そこで、後醍醐天皇以下、南朝の幕僚たちが群議を開くこととなった。そこで彼は、足利尊氏の軍勢をいったん都に呼び込んで、安心して敵の将兵が油断したところを一気呵成に攻撃したほうがよい旨、申し出た。

 「帝はいったん比叡山にお隠れあそばして下さい。われらは淀川の方から登っていき、敵軍の指揮がゆるみきって油断しているところをたたきます。そうすれば、必ずや勝てることでしょう」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 守護霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード