いい環境に身を置くのが第一208

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(93)

 こう書くと、いい場所に住め、いい環境に身を置けというさきほどの話と矛盾するように思われるかもしれないが、決して矛盾しているわけではないのだ。

 いい環境に身を置くのが何よりも第一番だが、それが許されないのなら、それを天の試練と受けとめて、環境に影響されるのではなく、かえって環境に影響を与えるよう、勇敢な開き直り人間となるべきだ、ということなのである。実際のところは、ある事柄に関してはいい環境だが、別の事柄に関しては最悪だ、というふうに、入り交じっているはずだ。だから、最悪の事柄に関しては、勇敢な開き直りで立ち向かえばいいのである。

 また、こう考えてもよい。良い環境、悪い環境といっても、所詮主観的な問題である。客観的には環境に恵まれていても、不満ばかりいう人もいるし、恵まれなくても満足している人もいる。

 つまり、良い環境であるか否かは本人の尺度いかんなのであり、良い環境にしてしまうのも悪い環境にしてしまうのも、すべては本人の意思と努力ととらえ方にかかっているのである。だから、社会的な客観的基準からして、すべての環境が劣悪だと判断したら、こうして、本人の尺度を柔軟にパッと変えてみることだ。「幸せないい感覚」を失うことがないよう自分自身を救済するために。こうして、常に環境に対して主体性をもち、「ふとした感覚」を大切にする人は、常に善霊を呼び込むことができるし、いかなる場合にも、強運に恵まれる人となることができるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 環境

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード