耐え忍ぶ心が最も大切221

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(106)

耐え忍ぶ心が最も大切

深見「あくまでも、ひとつの要素ですから、明るければ何でもいいというわけではありませんけどね……。三つめは、相手の男性がひとつの仕事をだいたい十年以上続けているかどうかということ。そもそも男というのは飽きっぽいですよね。たとえば恋愛にしたって想い三年恋五年と昔からいうように、長続きしないのが普通です。それを、十年も同じ仕事を続けているということは、相当意志が強いということ。いわば意志力、継続力が強いりというわけです。そういう男性は、夫婦仲に飽きがきても、それを続かせるように努力しようとします。そう簡単に奥さんを替えるようなことはしません。反対に、仕事や趣味をちょくちょく替える人は、奥さんもコロコロ替えることが多い。だから、結婚相手としてはおすすめできませんね。仕事や趣味を十年続けているかどうか、これもひとつの基準になると思います。」

高山「でも、一般的には二十代で結婚することが多く、その場合には、ひとつの仕事を続けても十年に満たない人も多いと思いますけれど……。」

深見「そのときは、学生時代のサークル活動を参考にしたらいいでしょう。趣味でもいいですよ。とにかく、ひとつのことをずっと続けていたかどうかですね。」

高山「たしかに、ひとつのことを長く続ける意志力がなければ、何をやっても実りませんからね。」

深見「まったくそのとおりです。そのことは多くの人がいっています。人間は一霊四魂からできていますけれど、その中で何が一番大切かというと、平田篤胤は荒魂だと断言しました。荒魂というのは表に出れば勇気、裏に出れば忍耐力です。ついでにいっておくと、荒魂のほかでは奇魂、和魂、幸魂というのがあって、奇魂は英知、和魂は協調、幸魂は愛情を意味します。そのうち、荒魂、つまり忍耐力が一番大切だというんです。たしかにそのとおりですね。どんなに知恵があっても、愛情があっても、協調心に富んでいても、それが一年しか続かなかったというのでは、何にもなりません。人間は、肉体をもって生まれてきた以上、苦しいのは当然で、これをいかに忍耐して現実界に結実させるかにすべてがかかっているのです。だから結婚相手として男性を選ぶ場合、この勇気、忍耐、継続力となって表れる荒魂が発達しているかどうかをよく観察しなければならないんです。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 結婚

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード