本当の誠意があるとはどういうことか?230

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(115)

高山「要するに、学問を積んで感情をコントロールできるようになればいいわけですね。」

深見「そうです。そのように、学問に裏づけられた意志の力をもった人間、感情を抑えられる人間になれば、守護霊がしっかり守ってくれるようになります。ですから、そういう人間に対しては、悪霊も手を出せないんです。反対に、感情のままに動く人間は狙われやすいですね。たたり霊にとってみれば、そちらの方がやりやすいから。とにかく、意志の力を強くして守護霊の応援を受ければ大丈夫ですね。悪霊も『うーん、手強い』となって退散していきますから。」

山本「でも、かえって別れて再婚したほうが幸せになることも多いんじゃないですか。」

深見「あなたのその思いが、客観的な彼の状況と自分の能力や性質から割り出したものなら、まだ多少は聞くべき理もありますが、単に感情に流されているのなら、なるべく早く諦めたほうがいい。神感ともいえる高貴な感情ならいいのですが、煩悩と欲に引かれる感情は、自分自身を破滅に導くしかありません。結局、両者が不幸になりますよ。その種の感情に流されていたら、特に、背後でその感情を悪霊が引っ張っているのに気づかなくっちゃいけません。」

山本「でも、そうとばかりは限らない場合も多いんじゃないですか。実際に離婚して一緒になって幸せになる人も多いんですから。」

深見「そういう方向にいっちゃうんだね。それだったら、早く離婚してもらうべきです。相手の男性は、別れる別れるといいながら、ずるずる関係を続けていこうと……。」

高山「そうですよ。あなたの彼氏がビシッと身辺を整理して、『別れたよ』といっているんなら話は別かもしれないけど……。」

山本「そうなんですけど……。私がこのまま諦めれば終わっちゃうだろうし、待っていればどうなのかなと、いろいろ考えるとどうしても迷いが出てきてしまうんです。」

深見「『今年中に離婚してください。そうでなければ別れます』って、はっきりと期限を切ることですよ。もし、相手の男性に誠意があれば、きちんと返事をしてくれるはずです。」

山本「でも、相手の人にも事情があるんです。夫婦関係が冷えきっちゃったというのなら別ですけれど、そうじゃない事情があるんです。たとえば奥さんがすごい病気で、とにかく今すぐには離婚できないとか……。」

高山「―――そういうよね。そんな男性は。」

山本「でも、決してウソじゃないんです。まあ、そう思われるでしょうけれど……。事実そうだったら、期限を決めて別れちゃうことが自分にとっていいかどうか……。」

深見「そうであるなら、その男性は誠意がないですよ。もちろん本当の愛情も。だって、病気の奥さんを放ったらかして、あなたのほうにくるというんでしょ。奥さんがかわいそうですよ。また、あなたの幸せのことを考えたら、そんな関係をズルズル続けたりはしません。」

高山「そんな男性なら、一緒になったって、同じことをやられますよね。」

深見「そう、結婚相手としてふさわしくない。だから、『奥さんのことを思えば、私なんかと一緒になるより、ちゃんと家庭にいたほうが幸せですから、そうしてください』と、スッパリ別れることです。そのほうが両者にとっていいはずですよ。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 夫婦

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード