因縁、宿命を呪うなかれ(2)024

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

神界からの神通力(24)

 先祖が罪を犯していると、子孫がそれを償(つぐな)わなければならない(=先祖が犯した罪やあやまちの埋め合わせを子孫がする、ということ。)。先祖が人を苦しめていれば、必ず子孫が怨まれる。逆に、先祖が人に喜ばれるようなこと、つまり善徳を積んでいれば、子孫が報いられる。これが因果応報であり、『易経』にいう

 「積善の家には余慶あり、積不善の家には余殃あり」である。

 こう書くと、

 「どうして自分は善徳のある家に生まれないで、悪因縁の強い家に生まれたんだ」
 と、絶望感や空しさを感じる人が、必ず一人や二人はいるものだが、これはよくない。どのような境遇のもとに生まれようと、それを呪わず、前向きに取り組んで克服することが大切なのである。

 家にそれぞれの因縁があるように、個人にもそれぞれの因縁がある。前世で人に喜ばれるよう善を行っていれば、積善の家に生まれ、前世で人を苦しめるような不善を為していれば、それだけ因縁の重い家に生まれる。

 これを相応の理という。

 つまり、自分の御魂のレベルに合ったところに生まれ変わるということである。

 だから、今世、悪因縁の強いところに生まれたのは決して偶然ではなく、前世にそれだけのことをしてきたからなのである。前世の所業を償い、御魂をさらに向上させるために、そうした星のもとに生まれ変わったわけだ。今世を、前世での劫を刈り取り、御魂を向上させるための修業の場と考えれば、おわかりいただけると思う。

 自分の宿命や家の因縁を悲しんだり呪ったりすることはないのである。因縁に対して消極的になるのではなく、明るく積極的、前向きに立ち向かって、これを乗り越えていかなければならない。因縁が深いということは、いわば、前世で借金をこしらえたようなものであるから、早く返済するよう、徳をひとつひとつ積み重ねていく。こうした姿勢が望まれる。
 
↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久 因縁

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード