同じ不幸・同じ失敗を繰り返す時は霊障を疑え238

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(123)

高山「まあ、先生の場合は、そういうことがわかるんでしょうけれど、われわれにはわかりませんよね。これは霊のせいなのかどうかって。そのへんを判断する方法って何かありますか。」

深見「ありますよ。いろいろな現象を注意深く観察していれば、誰にでも判断できます。たとえば、ひとつのパターンを何度もくり返しているのがあったら、それは霊のせいだと判断して間違いありません。以前おつき合いしていた女性が病死し、今度おつき合いした女性は夫があったりと、ことごとく途中でダメになったなんていう場合は、霊がやっていますよね。だいたい二回、三回と同じパターンが続いたら霊のせいだといえます。」

山本「まったく霊じゃない場合、ありますか。」

深見「うーん、本人の怠慢や心おごり、また、さきほど申しあげた、本人の前世のカルマなどが大きな原因となっていることも多いですが、まったく霊の影響を受けていないというケースは皆無です。複合的に、多かれ少なかれ、何らかの形で霊の影響を受けているはずです。その霊には悪いものもあればいいものもある。強いものもあれば弱いものもある。だから、いいときがあったり悪いときがあったりと、善と悪が拮抗しているんです。」

高山「いい霊の場合は、どんな影響が?」

深見「何も現れません。平穏無事です。守護霊さんにしっかり守られていて、それほど悪いカルマのない人は平穏無事なんです。だから、平穏無事というのは最高にいい状態であり、神様や守護霊様には深い感謝をささげなければなりません。」

高山「平穏無事という人は少ないんじゃないですかね。」

深見「ないんじゃないですか。皆何かしらありますよ。」

高山「ただ、人によって極端に出ている場合とそうじゃない場合があるわけですね、事の起こり方が。」

深見「そうです。大小、強弱いろいろあります。けれど、マイナスが強いからといって、決して悲しむことはないんです。よく、『なぜ自分だけ、こんな不幸ばかり続くのか』って悩んでいる人がいますが、あれはよくありません。そんなことばかり思っていると、ますます不幸が続きます。そんなマイナスなんかに負けないように、強い意志で自分自身を引っ張っていく努力が必要です。そうすれば、幸を呼び込むことができます。問題は、そのとっかかりでしょう。私は、強い意志を発揮して、荒魂を前に出すひとつの方法として、『筋肉を鍛える』ということをおすすめします。感性は奇魂、情は幸魂、内蔵は和魂、筋肉が荒魂に相応するからです。筋肉を錬磨する運動をすると、男性でも女性でも、『よしやるぞ』という強い意志の力が、比較的容易に湧いてくるものです。学問、教養、信仰力といっても、やはり、強靱な体力がないと長続きはしないものです。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 守護霊 霊障 平穏無事

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード