天から与えられた試練だと考える240

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(125)

高山「さっき、昔の人はみんな因縁を乗り越えてきたとおっしゃいましたけれど、それ、本当ですか。」

深見「昔の人といっても、みんながみんなそうしたわけではありませんが、偉い人はそうですよ。奥さんが死んでしまう。子供が死んでしまう。病気で苦しむ。どうして苦しみが続くのかというと、本当はカルマ、霊障が原因なんだけれども、そうした苦しみを天が与えた試練と受け止めて、乗り越えてきたわけです。」

高山「なせ、昔の偉い人はそれができたのですか。」

深見「学問があったから。学問といっても、今日のような暗記力知力ばかり磨いている学問とは違いますよ。人生の根本に関わる学問、これがあったのですね、昔の人には。たとえば、不幸ばかり続くときには『孟子』の中の『天のまさにその人に大任を与えとするや、その骨肉を痛ましめ……』という一文を読んで、自らを励ましたわけです。そのように、明治維新のときには吉田松蔭先生の門下生たちも『孟子』を読んだり、陽明学を勉強して、すべての苦しみを天の試練と受け止め、あれだけの功績を世に残したんです。こういうふうに乗り越えた人は、悪いカルマ、霊障を善に変えている人であり、霊障を解決する模範を示した人といえるでしょう。逆に、カルマも霊障もない人は、そういう試練もないので、人間を練られないということにもなりますね。だから、霊障必ずしも悪ならず、なんですね。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 カルマ 因縁 学問 暗記力 知力

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード